修理希望者必見! iPhoneの修理業者を選ぶポイントと
修理店別メリットデメリット

iPhoneの修理業者の選び方を3つのポイントに絞って詳しく紹介しています。また修理店舗別に存在するメリットデメリットについても詳しく紹介しています。

「iPhoneの電源が入らなくなった」「iPhoneを水没させてしまった」こんな時、多くの人は近くのiPhone修理店を探すと思います。しかし駆け込む店舗によっては「iPhoneの反応が鈍くなった」「他店に比べて修理費用が高い」などトラブルや費用面での不満が出てきます。そのため今回は修理店の選び方とメリットデメリットを詳しく紹介していきます。

業者の選び方

ここでは業者選びのポイントを
・費用面
・修理の品質
・修理後の保証
以上3つの観点から紹介していきます。

費用面

費用面で気にしなければならないのは「単に安いかどうか」ではなく「コスパが良いか」です。単に安いという理由で店舗を決めると「修理不可状態にされた」「すぐにパフォーマンスが落ちた」など悪徳業者に引っかかる可能性もあります。費用面だけでなく実績や口コミの確認を事前にしておくことをおすすめします。それではここからは
・AppleStoreを含む正規店の費用
・非正規店の費用
以上2つについて紹介していきます。

AppleStoreを含む正規店の費用

基本的に正規店での修理は最低でも3万円ほどかかることが多いです。修理内容次第で非正規店の3倍以上の値段ということもあります。コスパが良いとは言い難く、パーツにこだわりのない方やコスパ重視の方などにはおすすめできません。

非正規店の費用

非正規店は店舗によって値段設定がまちまちです。しかし正規店より費用面で安いことが多く、コスパが良いです。また非正規店の修理でも「純正でないだけ」の同じパーツを使っていることが多くほぼ変わりません。「コスパ重視の方」「あまり時間のない方」にはコスパが良いうえ、修理も早い非正規店をおすすめします。

修理の品質

修理の品質が低い場合には「修理後のiPhoneの反応が鈍い」などのトラブルが起こります。そのためここでは修理の品質について順に紹介していきます。

AppleStoreを含む正規店の品質

正規店ということもあり、修理技術は高いレベルをほこっています。しかしイレギュラーな対応が不可となっていることが多く、パーツのみでなく本体ごと新品に交換となってしまうことも多々あります。また修理時にはほぼデータが消え、費用も前述の通り3万円を超えてきます。

非正規店の品質

非正規店では修理業者の間でマニュアルがあり、そのマニュアル通り修理されているため技術もある程度保証されています。また、競合の多い非正規店にとって評判の重要度は重く、店の運営を左右します。そのため悪徳な修理店は潰れることが多く、ほぼ存在しないと言っても過言ではありません。修理に使われるパーツこそ、純正ではないですが同等のパーツが使用されています。またほとんどの非正規店で修理後の保証がつけられ、もし粗悪な修理をした場合にはアフターケアが増えるため、パーツの品質管理も徹底されていることが多いです。

修理後の保証

修理を受けた後に不具合が起きた時のため、一定期間の保証をつけている修理業者がほとんどです。この保証について上記同様、順に紹介していきます。

AppleStoreを含む正規店での保証

AppleStoreを含む正規店では、修理後最低でも90日間は無料で再修理が可能です。修理後につく保証期間も90日間ですが、Appleの保証期間が残っていた場合には残り日数と比較して長い方の保証期間が適用されます。

非正規店での保証

非正規店での修理を受けた場合「修理後3ヶ月以内は無料で何度でも」という店舗が多いです。
しかし明らかに故意の場合は、もちろん有料になります。昨今では他店舗と差別化をはかるため、保証期間が半年、1年、無期限と伸びてきています。保証期間の長さも視野に入れて店舗探しをしてみると、よりコスパ良く修理ができます。

それぞれの修理のメリットデメリット

ここまで修理店舗を選ぶポイントを紹介してきましたが、もちろんそれぞれにメリットデメリットが存在します。ここでは
・AppleStoreを含む正規店
・非正規店
以上の2店のメリットデメリットを順に紹介していきます。

AppleStoreを含む正規店

メリット
正規店での修理のメリットは
・純正パーツでの修理
・購入時の保証が使える場合がある
以上の2つです。順に紹介していきます。

・純正パーツでの修理

AppleStoreを含ん正規店での修理であれば、純正パーツが使われるので安全性に問題もなく、同じものに取り換えるだけなので不具合も起きにくいです。また純正パーツにこだわりがある人でも問題ありません。

・購入時の保証が使える場合がある

購入時に入っていればAppleCareなどの保証が利用可能な場合があります。もし保証を付けている方は正規店を検討してみても良いかもしれません。しかし保証の適用基準が厳しかったり、保証適用後の値段でも高かったりと、問題もあるので一度非正規店と比較検討することをおすすめします。

デメリット
正規店での修理のデメリットは
・データが消える可能性がある
・修理後の保証期間が短い
以上の2つです。順に紹介していきます。

・データが消える可能性がある

AppleStoreでの修理であればほぼ確実にデータが消えます。またその他の正規店でも初期化される場合があります。理由としては、個人情報保護の観点からiPhoneの初期化がなされたり、修理方法がイレギュラーだった場合iPhoneを新品と交換されたりすることがあるからです。逆に非正規店であれば消されることもほぼなく修理できるので、消されたくない方は非正規店で修理して下さい。

・修理後の保証期間が短い

前述の通り保証が90日間と短く、非正規店での保証に比べるとコスパが良いとは言いにくいことも多いです。保証が長くほしいのであれば非正規店での修理をおすすめしす。

非正規店

メリット
非正規店での修理のメリットは
・コスパが良い
・修理後の保証が手厚い
以上の2つです。順に紹介していきます。

・コスパが良い

非正規店では前述の通り、修理が早く修理費用も安いためコスパが良いです。特に純正やAppleへのこだわりのない方は、店舗の比較検討をして実績の多い非正規店へ行くことをおすすめします。

・修理後の保証が手厚い

これも前述の通りですが、非正規店であれば保証期間が無期限のお店もあり正規店より長期的に見て安心です。そのため長期的な安心が欲しい方などには非正規店での修理をおすすめします。

デメリット
非正規店での修理のデメリットは
・悪徳業者も存在する
・メーカー保証から外れてしまう場合がある
以上の2つです。順に紹介していきます。

・悪徳業者も存在する

非正規店には悪徳業者もまれに存在します。そのため実績や口コミの確認を事前に行って下さい。また不安な方は総務省認定の「登録修理業者」であるかどうか確認の上、修理依頼することをおすすめします。

・メーカー保証から外れてしまう場合がある

iPhoneを非正規店が開いて修理した場合には、メーカー保証から外れてしまうことがあります。可能性が高いという話ですが、こればかりは仕方のないことなので注意して下さい。

まとめ

修理業者の選び方や、修理店舗別のメリットデメリットについてはお分かり頂けたでしょうか。コスパが良くおすすめなのは非正規店ですが、それにもやはりデメリットはあります。じっくり検討してみて下さい。またもし店舗選びに迷うようであれば「アイフォンクリア」に相談することをおすすめします。総務省登録修理事業者なので安心安全です。ぜひ利用してみて下さい。